薪コンロをバージョンアップ完了!

昨日夜中までかかって改良した薪コンロ。

今朝も早起きして仕上げました。

何故そんなに急いでいるかと言うと、今日は宿で大事な打ち合わせが入っていて

それに間に合わせたかったからです。

軽トラックに一式積み込んで現地に到着。

元あった場所に台座を置いて組み立てていきます。

昨日頑張って作った火室をセット。

ロケットストーブ型の火室となりましたが

ちょこっと工夫してあります。

ジャーン!!

組み待て完了!!

かっこいいじゃん✨

そして火入れ

下の着火用の扉から火をつけます。

 

前のは着火方法がわかりにくかったんです。

製作者以外の人は100%の人が説明しないと火の付け方がわからなかったと言う事態でした💦

ですからみんながわかるこの方法に変更しました。

この上の扉を開けると

薪が投入できるし、炎の確認もできます。良いね‼️

改造前より耐久性アップ、火力🔥は強くなり、火力の調整も簡単になりました。

(火力は下の引き出しの開け閉めの量で加減します。)

パワーアップしたので2個あった火室を1個に減らしましたが

ひとつの炎でカマドの穴2個を同時に温める事ができるようになりました。

そのほかの広い部分も場所によって温度が違うので保温に使ったり鍋をかけたりできます。

 

特記することは火力が強くなったのでカマドの穴から直火を当てなくても

余裕でフライパン料理できるようになりました。

これで鍋の裏が煤けなくても楽に料理できそうです😁

あわせて読みたい

コメントを残す